スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX スプレッドとは?

2つの通貨の取引をするときに、

  売り価格    と

  買い価格    が異なります。



たとえば、売り価格は100.00円


      買い価格は100.05円


このように、買い価格のほうが売り価格より高く設定されています。


つまり、高く買い、安く売らなければならないのです。




同じ時刻に売りと買い取り引きを同時に行ったら、損をしてしまうことになります。


この差をスプレッドといいます。




よく、為替のニュースで

「現在1ドル95円50銭から55銭の間で取引されています」というセリフを耳にすると思います。



それは、



95円50銭から55銭の間で価格が動いているという意味ではなく、


95円50銭で売られ、95円55銭で買われているという意味だったのです。




はい、私もこの年でFXを学ぶまでは、ずっと勘違いしていました。

世の中知らないことだらけです。



そして、このスプレッドがFX取引のコストになります。




さて、最近ではFX各社で


「スプレッド固定」などというのを売り文句にしていると思います。



これは、為替変動が激しい時や市場参加者が少ない時などは、

スプレッドが一時的に大幅に開くことがあるのです。


私も短いトレード実践経験の中で、大暴落を目の当たりにしたことがあり、


まさにびっくりするくらいのスプレッドが開いているのを経験したことがあります。


取引する側としては、不利な状況ですよね。



でも、FX会社によってはあらかじめ「ドル/円2銭」と固定を宣言して、

取引するのに有利な会社(システム)であることをあらわしているのです。



つまりスプレッドはそのFX会社によって違いがあるのです。

FX会社への手数料だといえます。



取引する側としては、できるだけ無駄なコストは省きたいですよね。



上手にFXで利益を上げるためには、こういったコストにも敏感になる必要があります。


そのためFXでは、取引する会社選びも重要です。





最近では、いろいろと会社によって特徴があります。


時間をかけてでも、自分にぴったり合うFX会社をみつけたいですよね。


スポンサーサイト
マイペース主婦トレーダー☆みさき

みさき

Author:みさき
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ
にほんブログ村


30代主婦です。

2人の元気な男の子(7歳、4歳)のママです

FXで幸せなお金持ちになるべく、
トレード法確立できるよう勉強中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ランキング
FXについて学ぶ!初心者向け教材
書籍2冊分のお値段で、基礎から学べます

超カンタンFX入門スタータキット
安定したトレード目指して勉強中
長く安定したトレード目指して
「マーフィーのスパンモデル」
  ただいま勉強中!


【送料無料】マーフィーの最強スパンモデルFX投資法

買いか売りか明確です
初心者に最適 情報たっぷり口座
信頼して愛用しています
スパンモデルが見れるので
ますますお気に入り

情報量が豊富な人気口座
ぱっと見テクニカルなど
初心者にもわかりやすい
1000通貨も取引できます

FXプライム

私の参考書
FXノートのつけ方について
学びました

【送料無料】月100万円儲ける私のFXノート
カリスマ主婦トレーダー
鳥居万友美さん 3冊目の本
リンク
スポンサードリンク
みさきのブログで検索♪
ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。