FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX ロング、ショートとは?

FXの取引では、ロングショートという言葉がでてきます。


ロングとは「買い」

ショートとは「売り」取引ということになります。



ロング(買い)の場合、


1ドル100円の時に、今後ドルが上昇すると思われる場合、

1万ドルを買います。

(ロングポジションを持つ)

その後、予想通りドルが上昇して、105円で売り取引をします。(決済する)


為替差益が出ます。


105円ー100円×10,000ドル=50,000円

つまり50,000円の利益が出ました。



ショート(売り)の場合、


1ドル100円の時に、今後ドルが下落すると思われる場合、

1万ドルを売ります。

(ショートポジションを持つ)

その後、予想通りドルが下落して、95円で買い取引をします。(決済する)


為替差益が出ます。


100円ー95円×10,000ドル=50,000円

つまり50,000円の利益が出ました。




ロングとショートの取引はこのような意味です。


取引するFX会社や情報によっては、

ロングやショート

売り、買いなど表記がありますが

同じ意味です。



はじめのうちは、ショート(売り)取引がわかりにくいかもしれませんが、



慣れてきたら、相場の状況によりうまくロングやショートの

取引ができるようになると思います。


しばらくは、ロング(買い)取引だけをすると決めてもいいでしょう。




ショートの取引も上手にできるようになると

初心者を脱して中級クラスになれるとも言われています。



相場がどんどん下落している悲観的なときも、

ショート(売り)で取引できるのがFXの利点でもあります。



うまく相場を読めるようになりたいですね。



⇒comment

Secret

マイペース主婦トレーダー☆みさき

みさき

Author:みさき
にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ
にほんブログ村


30代主婦です。

2人の元気な男の子(7歳、4歳)のママです

FXで幸せなお金持ちになるべく、
トレード法確立できるよう勉強中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ランキング
FXについて学ぶ!初心者向け教材
書籍2冊分のお値段で、基礎から学べます

超カンタンFX入門スタータキット
安定したトレード目指して勉強中
長く安定したトレード目指して
「マーフィーのスパンモデル」
  ただいま勉強中!


【送料無料】マーフィーの最強スパンモデルFX投資法

買いか売りか明確です
初心者に最適 情報たっぷり口座
信頼して愛用しています
スパンモデルが見れるので
ますますお気に入り

情報量が豊富な人気口座
ぱっと見テクニカルなど
初心者にもわかりやすい
1000通貨も取引できます

FXプライム

私の参考書
FXノートのつけ方について
学びました

【送料無料】月100万円儲ける私のFXノート
カリスマ主婦トレーダー
鳥居万友美さん 3冊目の本
リンク
スポンサードリンク
みさきのブログで検索♪
ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。